もがけ!駐妻!!

予定外に駐在妻になったツッマの日々の記録

カタカナが日本語を食い尽くす?中国から学ぶこと

中国人ChyntiaとCafeでの雑談。

彼女はお父さまのお仕事が日系であることもあり、日本への就職を目指す大学院生。

Language Exchangeという名目で、二人で定期的に会っている。

といっても結局英語ばかりの女子の雑談。

日々のこと、アメリカのこと、お互いの国のこと、恋愛から政治に至るまで何でも。

彼女は非常にスマートで自分の考えをしっかり持っている。

 

その中で、カタカナについての話題。

カタカナは外来語を表現するのは共通の理解。

その上で、カタカナがあることで、日本語が失われいく可能性について。

 

そんなこと考えたことなかったわ!

意識高い系の人たちは良く、カタカナ語を使う、という話をした流れ。

 

でも確かにその可能あるかも。

今では当たり前になった”ミーティング”、”スケジュール”。

良く聞くよね、水筒という名の”ボトル”。

””サジェスチョン”?”コンセンサス”?なんだそれ?

 

あのね、中国では外来語に対して、あえて漢字をあてているんだって。

それは文化を守っていくため。

彼女曰く、日本の漢字は美しい、と。

中国では既に簡素化されてしまった古い漢字が多くある、と。

(中国では漢字だらけだから、早く書くために中国漢字は簡素化されていくのだ。)

 

最近、日本人の絶滅について考えることがあったこともあり、

なんと刺さるテーマ。

 

将来日本人が絶滅したとしても、日本の哲学、文化、美しさ、は残したい。

そういう誇るべきものは、未来に、誰かに受け継いでほしい。

そんな思いに駆られる週だった。

 

意識高い系は粋がってる場合じゃないぞ!こらっ